転職成功の鍵

転職成功の鍵

転職で違う職種に応募する際の注意点

転職は必ずしも歓迎されるものではありませんが、本来は「より良い生活を送る為の手段」として選択して然るべき方法だと言えます。残念ながら日本的な感覚ではネガティブなイメージの強い転職を行うに当たり、様々な点に注意する必要があります。

そのうちの一つとして「これまでとは違った職種に転職する場合」について簡単に紹介します。 同業種の場合、単純に「もっとレベルの高い環境に身を投じたいと思った」と言った説明で通用することも多いのですが、全く違う職種の場合には話が違います。もし、同様の内容で回答したのであれば筋が通らず、ただただ「ダメそうな人材」というレッテルを張られてしまうだけです。何が大切なのかというと、職種を変えるべき必要があると相手に理解してもらえるだけの理由であり、そこには至極合理的な理由づけが必須となります。つまり、「これまでこういった経験をしてきて、今後はこういう目標がある為、今あたらしくこういった経験をする必要がある」と言った具合です。

転職で職種を変えるメリットとは

転職はそれほど良いイメージが無いものではあるものの、自分自身のキャリアアップの手段としては非常に有効な方法です。同じ職種で更なる収入・地位を求めるための転職であれ、全く違った職種への転職であれ基本的には同じことですが、マイナスなイメージを持たれない為には「合理的な理由」を考えておくことが大切です。

基本的には同業種への場合の方がメリットがあると思われがちですが、むしろ異業種の方が多くのメリットがあります。同業種の場合、これまでの経験を生かすことが容易であることは間違いないのですが、見方によっては「新しいことに触れる機会が少ない」ということも出来ます。しかし、全く違った世界であれば日々新鮮な気持ちで働くことが出来るだけでなく、これまでの経験を糧にして「新しいものを創造する」ということが出来る可能性が高くなります。

何事も継続することの素晴らしさは当然あるのですが、昨今の日本では「如何にして新しいものを生み出すか」の方が重要である為、職種を変えることは良いことでしょう。

Favorite

トレーニングベルトの販売

2017/8/4 更新

転職によって必ず年収が上がる方法

転職で有無を言わさないもの、それはキャリア

転職の際に利用するサービスは無形財

転職で違う職種に応募する際の注意点

採用につながる転職の仕方

お問い合わせ